出演者紹介4 Origami JP


出演者紹介もあっという間に最終日です!

最後にご紹介するのはOrigami JP。

昨日までの出演者紹介記事やイベントの詳細は、こちらからチェックしてみて下さい。


【Origami JP】

origami-jp

弱冠20歳のインストバンド。

当時高校生だった昨年初頭、同じ高校の軽音楽部の仲間で結成。今年の3月からライブ活動を開始する。

6月にbandcampで発表した5曲入りEPは、1週間で500ダウンロードを記録。1月に新譜を発表後、2月から活動休止を予定している。


未確認フェスのネット審査に上がってる音源をざーっと聴いていたときに知ってホレてしまったバンドです。

あたたかみの中にたしかに感じられる凛としたたたずまいが、このバンドの一番の魅力だとわたしは思っていて、いつ聴いてもドキっとさせられます。

そうそう、メンバーがみんなわたしと同い年のバンドですね。

前回のAncient Youth Clubに続いて今回も同い年のバンドに出演してもらえるのは、とても嬉しいし心強いものです。

 

完全に個人的な話なのですが、このバンド、せつなロマンスというわたしの前回企画にまつわる思い出がちょこっとあります。

告知解禁の時期に初めて一人で関西に行ったのですが、実はぎりぎりまでいろいろ決まらず夜行バスの中でも作業に追われていて、やっと一段落ついたけれどなんだか眠れないなというときに、TwitterでEPに関するツイートを見かけたんです。

さっそくダウンロードして聴いてみると、そのときのわたしの、これから新しいことが始まっていくんだという胸の高鳴りや言葉にできないあらゆる心境と共鳴するもので、とってもわくわくしたのを覚えています。

そんな思い出もあって、そのせつなロマンス開演直前の大事なBGMに使わせてもらいました。

選んだときは知らなかったのですが、実際に使ったepäkypsäは”未熟”、最後まで候補にいたnäytösは”ショー”という意味だそうで、自分がせつなロマンスに思い描いていた像と重なる部分があり、このバンドが見せる言葉にならない風景を、多少なりとも受け取れていたのかなと思います。

 

näytös / Origami JP

MVもなかなかツボです。

 

そんな、思い入れのあるバンドだったので、本当に自然な流れで迷いなく今回の企画にお呼びしました。

今度は自分の企画のステージに立ってもらえるということで、本当にうれしい限りです!


これで出演者の紹介は終了となります。

どのバンドも音源のリンクをはってあるので、ぜひチェックしてみてください!

そして、1月15日、代々木ザーザズーでお会いできたら嬉しいです。

お待ちしてますよ~!