Balloon at dawn(大阪)

balloonatdawn
 
2014年大阪で結成
シンセポップ/ドリームポップに影響を受けた音像と翳りのある歌詞のコントラスト、平行線
あの渦中にいた少年少女の群像劇
 

 
For Balloon at dawn
出会った2014年頃にはLetting Up Despite Great Faults辺りを彷彿させるきらきらしてて少しチープな感触のシンセ・ポップを鳴らしていたのが、いつのまにやらシューゲイザー的なノイズ・ギターやチルウェーブ的な空間の広がりを取り入れてぐっとスケール・アップ。でもいまも昔も変わらず、メロディは親しみやすくて詩世界は青春小説の一場面さながら。個人的に強いシンパシーを感じるバンドです。
―from 夏bot
 
わたしの初めての企画に出演者してくれたバンド、そしてそれが彼らにとっても初めての東京でのライブだったというバンドで、正直なところ大切な存在すぎてとても客観的には語れませんが…
わたしが思い描ける限りで一番美しい“青春”を音楽で表現するとしたらまさにこれだな、って、そんなふうに憧れています。曲を聴くたび、ライブを観るたび、触れるたびに何度でも胸を焦がしてしまうバンドです。
―from 春希