Cattle

cattle
 
2013年頃結成。
2015年には初となる全国流通盤ミニ・アルバム「Somehow hear songs.」を制作し、
国内のみならず米シアトルのインディ・レーベルJigsaw Recordsからもリリースを果たす。
The Pains of Being Pure at Heart、Night Flowers、Yoursなど海外のバンドとも共演。
2016年8月、Scott & Riversのオープニング・アクトにめ大抜擢。
10月には台湾にて初の海外公演を敢行。
 

 
For cattle
アメリカ・リリースやThe Pains of Being Pure at Heart来日のオープニング・アクトなど話題に事欠かない彼女らですが、そのソングライティングやライブ・パフォーマンスの確かさを見ればそれも納得がいくはず。ボーカルの声質のキャッチーさも昨今のシューゲイズ勢では随一。名曲「Somehow Hear」は2015年屈指の爆音ポップ・ソングではないでしょうか。
―from 夏bot
 
昨年のSome how hearsongs.のリリースがきっかけで知ったバンド。夏botさんも触れているように「Somehow Hear」は本当に最高な曲で、自分の企画で転換BGMにもお借りしていたり。
初めてライブを観たのもその頃。大きくパワフルな音と、その中をさらさらと漂うかのようなキュートなボーカルが本当に魅力的で、ライブでは音源よりもずっと強くその魅力を味わえます。
―from 春希