こども作戦

kodomosakusen
 
2011年春、函館の大学生にて結成。
その後就職により関東、札幌と散り散りになるもマイペースに活動を続ける。
ギターポップやエモなどに影響受けつつもvo竹野の歌声でポップスに昇華される楽曲が特徴。
 

 
For こども作戦
お恥ずかしながら、今回の企画の出演者について夏botさんと相談していたときに、ここなんかどうでしょう?と提案してくれて知ったバンドです。たまたま最初に聴いたのが「夢とうつつ」という曲だったのですが、すぐにドキドキが止まらなくなって、いろいろと考えるより先に、というかその1曲を聴き終えるのも待てずに「最高です!誘いたい!」って伝えました(笑)
バンドの名前の通り無邪気でまっすぐな音楽は、雨上がりにのぞく晴れ間みたいにまぶしくて気持ちがよくて、そんなふうにこのイベントを照らしてくれるんじゃないかなって期待してます。
―From 春希
 
なんといっても間口の広い真っ直ぐでピュアなポップさが魅力です。凛とした歌声と胸がきゅんとなるメロディ、ノイジーすぎずそれでいてスケール感のあるギターとダイナミックなドラムには、ギター・ポップの一言で片づけさせない説得力があります。当イベントにいらっしゃる方ならぐっとくるはず。わたしも久しぶりに観る貴重なライブということですごく楽しみにしています。
―From 夏bot