nayutanayuta

nayutanayuta
 
前身バンド解散後に途方に暮れていたワタルが2013年のクリスマスイブに結成した宅録バンド。
当初1人で全ての楽曲の演奏をレコーディングしていたが絶望的なまでに演奏力が無かったので途方に暮れてしまい、曲のレコーディングごとに参加メンバーを変えていた。
途方に暮れながらライブを重ね現在のメンバーに落ち着く。
ギターポップ、ギターロック、ヒップホップ、シューゲイザー、エレクトロ、テクノポップなど、様々なジャンルの音楽を好んだワタルが「どんなバンドにすればいいのだろう…」と途方に暮れた結果、好きな音楽を全て取り入れ、楽曲ごとに聞く者の好き嫌いが分かれる事態が発生。
その全ての楽曲はきいろれこーずのホームページからフリーダウンロード出来るので1曲くらいは好きな楽曲が見つかるだろう。
12月で結成して3年を迎えるnayutanayuta。
途方に暮れ続けるワタル、どこへ向かうのか。
 

 
For nayutanayuta
結成して間もないころにsoundcloudで見つけて、実は初ライブも観ていたりします。
耳や心にひっかき傷をつけてくる、なんだかどうにもほうっておけない陰のある歌詞と、それをうんとポップにきらっきらに昇華させたサウンドに惚れました。
ライブは、観るたびに“バンドらしさ”が増している印象で、音源とは違った良さが見えると思います。
―from 春希
 
シンセ・ポップを基調としつつもざっくりしたギターを合わせたサウンドや、ボーイ・ミーツ・ガールな歌詞の雰囲気など、わたしのようにスーパーカーの音楽とともにこじらせた10代を過ごした人間ならぐっとくるはず。
踊れるけれどはっちゃけすぎないというライブのテンションも好きです。
メンバー・チェンジということでこれからどう雰囲気が変わるのかも含めて楽しみ。
―from 夏bot